ブルーエゴナク『眺め』

|作・演出|穴迫信一
|音楽|COMPUMA

|出演|
平嶋恵璃香 野村明里 小関鈴音
高山実花 木之瀬雅貴

|声|
日髙啓介 重実紗果 菅一馬

街には大きな観覧車があった。

と言っても他に何もない街だからきっとそれほど大きいわけではない。

夕方の6時、日差しと森は観覧車が眺められる場所まで散歩にいく。

今日は2人が再び出会い直すまでの、しばしの別れの日!

▼ チケット取扱い

【事前精算】

【事前精算】

▼ 稽古場映像
▼ 出演者8名による作品紹介

▼ 『眺め』のテキストを最初の4Pを公開します。物語の始まりをぜひお楽しみ下さい。
▼ news

【ブルーエゴナク「眺め」公演に関するお問合せ】

TEL:080-1710-2887(ブルーエゴナク キタムラ)
Email:egonaku★gmail.com
※上記の「★」記号を「@」記号に置き換えてください。

[ 感染症対策について]

37.5°C以上の発熱、全身倦怠感、嗅覚障害などの症状がある方は、ご来場をお控えくださいませ。 マスクの着用、受付時の検温、手洗いや手指消毒のご協力をお願いいたします。 差し入れ、面会などはご遠慮いただいております、ご了承下さいませ。その他、本公演は各会場の「施設利用ガイドライン」に基づき、感染拡大防止対策を講じて上演いたします。

舞台監督・美術=森田正憲(株式会社F.G.S.)<北九州>|舞台監督=北方こだち<京都>|音響=甲田徹|照明=礒部友紀子(有限会社SAM)|映像=小西小多郎|演出部=小関鈴音 溝口竜野|振付=吉元良太|衣装=野村明里 悠太|イラスト=millitsuka|デザイン=SUIMIN TAPE|舞台写真=岩原俊一 平田歩海|協力= Massachusetts FUKAIPRODUCE羽衣 fringe|制作=ブルーエゴナク  合同会社kitaya505|助成=日本芸術文化振興基金 公益財団法人セゾン文化財団|企画・製作・主催=ブルーエゴナク|提携=北九州芸術劇場 THEATRE E9 KYOTO(アーツシード京都)