「ふくしゅうげき」再演


長い歴史を持つ飲食店「半月」。
そこに働く人々は企みを隠し持ち、機会を伺うように自分の真実を沈黙している。企みが交錯していく中、事件が起きる。「半月」は跡形もなく消え去り、そこには「海」が広がっていく。

2017年1月、北九州で初演を迎えたとき、この作品は作り手である僕、穴迫信一個人の物語として受け取られたように感じる。お客さんはきっと自分たちとは関係のない安全な作品として、その世界を楽しんでいたと思う。その3ヶ月後、京都で再演を迎える。印象は大きく異なり、お客さんは上演を自身の体験のように受け止め、静かに興奮していたように確かに感じた。そして1年以上の月日が経ち、東京で上演されることが決まった。〈今〉という時間の変容が、作品と見手の距離を変えていく。いよいよいつ誰がその当事者になるか分からない時代だ。次は誰の物語に見えるだろう。

穴迫信一

[作・演出]  穴迫信一

[出演]

田崎小春
高山実花

木村健二
葉山太司
脇内圭介(以上、飛ぶ劇場)

阿比留丈智(劇団チャリT企画)
隠塚詩織(万能グローブ ガラパゴスダイナモス)

平嶋恵璃香
穴迫信一(以上、ブルーエゴナク)

[東京公演]

9月13日(木)19:30☆
9月14日(金)19:30★
9月15日(土)19:00
9月16日(日)14:00 / 19:00
9月17日(月)14:00
※受付開始は開演の1時間前。開場は開演の30分前。
※日時指定・全席自由席

[アフタートークゲスト ]
☆…多田淳之介氏(東京デスロック主宰、富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督)
★…出演者 他、追加ゲストあり

[会場]
こまばアゴラ劇場
〒153-0041 目黒区駒場1-11-13
http://www.komaba-agora.com

※京王井の頭線「駒場東大前」駅 東口より徒歩3分
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際には公共交通機関をご利用ください。

[北九州公演]

9月22日(土) 14:00 / 19:00
9月23日(日) 14:00 / 19:00
9月24日(月) 12:30 / 16:00
※受付開始は開演の1時間前。開場は開演の30分前。
※日時指定・全席自由席

[会場]
枝光本町商店街アイアンシアター
〒805-0008 福岡県北九州市八幡東区枝光本町8-26
http://otegarugekijou.org/irontheater/

※JR「枝光」駅より徒歩10分
※会場には駐車場・駐輪場がございませんので、お越しの際には公共交通機関をご利用ください。

[チケット]
一般前売 2,800円
U-25前売 2,300円(当日はどちらも500円増)
高校生以下一律 1,000円
※未就学時入場不可

[発売日]
2018年6月20日(水) 10:00

[取り扱い]
■CoRichi舞台芸術
<東京公演>https://stage.corich.jp/stage/92326
<北九州公演>https://stage.corich.jp/stage/92327

■チケットぴあ
<東京公演>http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1825444
<北九州公演>http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1825461

Pコード<東京公演> 487-253 <北九州公演> 487-255

[お問い合わせ]
MAIL egonaku@gmail.com
TALL 080-9144-6699(制作部)

■スタッフ
舞台監督・美術/森田正憲((株)F.G.S.)
照明/礒部友紀子((有)SAM)
音響/大谷正幸((有)九州音響システム)
演出助手/鈴木隆太
振付/吉元良太
衣装/佐藤恵美香
イラスト/佐々木充彦
宣伝美術/すいみんテープ
広報/松本京子
制作/藤井ちづる 黒澤たける 亀井琴絵
協力/飛ぶ劇場 万能グローブ ガラパゴスダイナモス 劇団チャリT企画 ゆうめい

[東京公演]
芸術総監督/平田オリザ
技術協力/鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力/木元太郎(アゴラ企画)
企画制作/ブルーエゴナク ・(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

©2016 buru-egonaku