<速報>ロームシアター京都×京都芸術センター‘’KIPPU”
ブルーエゴナク 新作「sad」


ブルーエゴナク1年8ヶ月ぶりの京都公演が決まりました。
ロームシアター京都で新作を発表します。


〈CASE1〉
今、この世界、色々な意味で0。
自分が1、缶ビールが2、
思い出が3、敷き布団が4、
ずっと玄関で今も待っている知り合いが5、
うるせーな、ほっとけよバカ、
67891011121314151617
そいつが死んだのが18、
俺が墓参りに行ったのが28、
なんでそんなに時間が空いたのか分からない今が29、俺今日誕生日。
そいつと恋人だった月日が30。ちょうど一ヶ月。

〈CASE2〉
わたしたちは今、悲しみを見逃している。
「でもさー、もしこの世界が色々な意味で0になって、動物的な営みだけがそこに残ったとしたらそれってむなしいじゃん。
私はかなしくないことが悲しいし、だから帰ってこれないことばかりでも、ちゃんと悲しいって思えるならそれはもはや嬉しいのよ」
あなたは聞いてなくてゲームだ。まあでもゲームみたいだとも思う。悲しみを必要としながらも、タイミングと分量だけは取り違えないようにみんな必死だ。

作・演出 穴迫信一

出演
木之瀬雅貴 松岡咲子 大石英史 菅一馬
福井菜月 諏訪七海 西村貴治 平嶋恵璃香

日時
2018年
12月
14日(金)19:30
15日(土)15:00/19:00
16日(日)15:00

会場
ロームシアター京都 ノースホール

◇後日、さらに詳しい情報を発表します。

©buru-egonaku