ブルーエゴナク×スタヂオタンガ
レパートリー公演 Vol.2&3


〈旦過市場で観る演劇〉

「お芝居で北九州の生活文化を垣間見る」そんな体験をしてみませんか?旦過市場の店舗への取材から生まれた、約20分の演劇作品を上演します。

今回は九州を代表する劇作家たちが書きおろす2本の新作を加え、全3作品を上演!観光や買い物の合間にぜひお越しください。

[新作]短編シリーズVol.2『ぶいぶいくじら、どこ食べる』

    オノミ、さえずり、ウネス、旦過のクジラ男がクジラ肉について語り尽くす20分。食、捕鯨、歴史、これであなたもクジラ通!

 泊篤志(飛ぶ劇場)

取材協力 かじはら鯨

構成・演出 穴迫信一

出演 木村健二(飛ぶ劇場)

[新作]短編シリーズVol.3『ひとりとひとりと、ときどきもうひとり。』

    ひとりの男は毎日スライサーの前に立ち続けていた。ひとりの女は毎日ショーケースの前に立ち続けていた。

 守田慎之介(演劇関係いすと校舎)

取材協力 戸根食肉

構成・演出 穴迫信一

出演
高木政則(紫川天国一座) 吉田砂織(演劇関係いすと校舎)

[Vol.1]レパートリー上演『記念の歌』

        お茶屋の母と娘。観光客の外国人。 香り立つのは懐かしい景色。聞こえてくるのはあの日の歌。

作・演出 穴迫信一

出演 中川裕可里(飛ぶ劇場)

会場
スタヂオタンガ
(福岡県北九州小倉北区魚町4丁目2-19)
※JR小倉駅より徒歩15分/モノレール旦過駅より3分

上演日時
2018年3月
23日(金)11:30(くじら)12:30(ひとり)13:30(くじら)14:30(ひとり)
24日(土)11:30(記念)12:30(ひとり)13:30(くじら)14:30(ひとり)
30日(金)11:30(ひとり)12:30(くじら)13:30(ひとり)14:30(くじら)
31日(土)11:30(記念)12:30(くじら)13:30(ひとり)14:30(くじら)

記念・・・『記念の歌』
くじら・・・『ぶいぶいくじら、どこ食べる』
ひとり・・・『ひとりとひとりと、ときどきもうひとり。』

各作品、上演は20分間を予定
(開場は開演の20分前)

料金
前売・当日ともに 700円〈一作品〉
お得なドリンク付きチケット! 1400円〈二作品+ドリンク〉

ご予約
egonaku@gmail.com に
①お名前 ②ご希望の回 ③ご希望の枚数 ④ご連絡先
を明記の上、ご連絡ください。
こちらから返信をもってご予約完了とさせていただきます。

お問合せ(制作部)
egonaku@gmail.com
090 6299 5590

振付:吉元良太
宣伝美術:すいみんテープ
主催:ブルーエゴナク スタヂオタンガ
協力:旦過市場

<Tumeru/Tanga ツメルタンガ>
旦過市場・新旦過飲食店街で行うアートプロジェクト。
そのメインプログラムのひとつである『レパートリー公演』は、旦過をテーマにした演劇作品の製作し、定期的に上演する企画です。

スタヂオタンガWEB
http://www.studio-tanga.jp/